FC2ブログ

本当の頑張り

『やったんだよ、あたし今回は…』


『スゲーやりましたよ、昨日寝れなかったもん…』


よく塾生が自信を持って言う。


前の自分と比べて?

まわりの友達と比べて?


先生たちが…
このくらいはやりなさい

と言った学習量と比べて?


でも…


本当の頑張り





比べる基準はない


そのときの…

『自分の限界』





頑張りの限界


である


だけだ。


自分が
『限界だ』





思ったら


そこが限界だ。


そこまで頑張ったということだ。


頑張りは、


何かと比べるものではない。


受験に絶対はないし、


学習に終わりもない。


だから


いつも…


もう少し
もう一歩


前に進もう


という


努力する姿勢が


自分の限界を伸ばし…


頑張りを生む!


そして…


満足する


成果が出る。


自分の限界に挑戦し続けよう!


それが


本当の頑張りだ。


マーク滝沢
スポンサーサイト

学習とは普通のことを普通にやること

中学入試
高校入試
大学入試


難度も量も違いはあるが…


例えば高校入試は…

特に公立(県立)入試は…

県の統一問題を受験する。

問題形式、問題難易度がある程度には予想できるので…


やり方というよりも…

毎日こつこつと基礎から学習していれば…


合格する。


特別なことは必要ない。


塾の近くに…
40年以上

家族だけで経営している居酒屋がある。

長年…順調に経営しているコツを聞くと…

『普通の料理を
普通に作ること、なにも特別なことはしていない』


確かに料理はシンプル。


ただし…


丁寧に、手を抜かずに、心をこめて作っているなあ


とは思った。


受験全般に言えることは…


やるべき当たり前のことを…

当たり前にやれば…

どんなに苦労して
時間がかかろうとも…


覚えることを
覚えれば


およそ合格する。


マーク滝沢

模擬テストの効用

今日…


大学受験生の最終模擬テスト。


例年通り…


皆さん、
結果は良くない。


そして…


焦る


苦しむ。


だから学習する。


例年、


半数以上が

『E』判定


でも合格している。

入試ではない…
模擬テストだから


志望校合格判定は


参考程度にしたい。

大学側が合否を出したわけではない。


受験のための勉強を好きな人は…


ほとんどいない。


合格したいから…


大学で好きな勉強をしたいから…


だから無理してでも勉強する。


受験は、


どういう子が受かるというより


どういう子が落ちるかのほうがハッキリしている。


逃げる、さぼる、受験を甘く見る…





失敗する。


学習内容よりも


『学習姿勢』


のほうがはるかに


大切だ。


記憶力がいい
理解力が高い


そういう受験生は…確かにいる。


が…


記憶できない
理解力が全くない


そういう受験生は…いない。


みんな良い頭を持っている。


だから、


目標があれば…


努力できる自分を作ることが大事。


受験学習を通して…

そういう自分を


作ってほしい。


これからの…


長い長い


みんなの人生にとって…


合格以上に重要な何かも


合格とともに


つかめる。


マーク滝沢

受験期のインフルエンザ

寒くなってきて

風邪に十分気をつける日々が始まった。

見ていると…

学習に集中できている子ほど、

風邪をひきにくい、体調をくずしにくい。


最近では、
急性大腸炎で

第一志望校の一回目受験に行けなかった子がいた。

もちろん…

万全を期して受験計画を練っているから

…その後の受験で合格している。


予防できることは、予防したい。

よく聞かれるのは
『インフルエンザ予防注射』


特に…
受験生とその家族には、

迷ったら受けるようにと話している。


合格のために、
準備は万全にしよう。

マーク滝沢
プロフィール

takijukudesu

Author:takijukudesu
市原辰巳台の瀧塾という予備校で先生をしています

東京の高田馬場 と 東京の田町 と
神奈川の茅ヶ崎の教室でも たくさんの生徒を教えています。

個別での生徒指導は、1000名を超えました。


http://chiba.cool.ne.jp/takijuku/

受験進学教育のプロ。

 ◇著書を多数出版

「英語に強くなる魔法の100語」(中経出版)

「フィナンシャルタイムズが中学英語で面白い程読める本」(中経                           出版)

「ケネディーは『リーダーシップ』をどう語ったか」(ぶんか社)

中国・韓国にても翻訳出版、その教育は高い評価を得ている。

日経、読売、日経ウーマン、千葉日報、各雑誌等でも紹介されている。(塾の公式ページより)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR