FC2ブログ

受験

受験、
焦り始める時期。
辛いと思う。
でも、
淡々と
学習しよう。
一気に、大量に、学習して
一気に、大幅に、成績、偏差値が
あがることはほとんどない。
理由は、一気に、大量に、身につくわけではないから。
マーク滝沢
スポンサーサイト



自分のための勉強

自習や自宅学習、
やることは指示済み。
やり終えたら、
また指示するが、
指示しなくても、
やるべきことは、
何を、どう、やるか、
日々、指導している。
本気で学習している人は、
「何やったらいいか」と
聞かず、
テキストのやる順番や、
優先してやる科目や、
弱点克服法、などを
聞いてくる。
たとえ、塾の課題が早く終えたとしても、
学校内容だけでも、
英語の教科書暗記、定期テスト範囲内でも、範囲外でも。地理、歴史、公民、理科の教科書太字暗記、暗記ペン、暗記シート使用。国語教科書音読。学校ワーク反復、
時に、
やるもの無い、は
言われればやる、
言われなければ
やらない。
理由は、めんどう。
考えるのもめんどう。
覚えるなんて、苦痛のみ。
受験も、苦労したくない、
ギリギリ受かればいい。
合格危なければ、志望校下げればいい。
わずかだけど、たきじゅくにも
たまにいるパターン。
ひとつだけ伝えたい。
楽すりゃ、もっと楽したくなる。
楽しても、最初は楽しいが、
能力を遊ばせていると、
だんだん楽しくなくなる。
マーク滝沢

千葉から

千葉から兄妹で
入塾。
やる気あり、頑張ってほしい。
この時期あたりから、
かなり入塾の話がくる。
人生
受験学習
 今からではおそい事はない。
希望がなくなる事はない。
可能性がゼロでない限り、
希望を捨てる事はない。
一緒に、
希望を持って
前に進みたい。
マーク滝沢

推薦、AO 入試

大学入試、
推薦やAO入試志望者が
激増している。
学科の試験が簡略化されてたり、
無かったりすることが、
最大の理由。
でも、
大学側も、入学者数の確保と
優秀な生徒の確保の
両方を理想としている。
だから、
志願理由書、
面接、
力を入れて、
詳細な検討を行なっている
ところが多い。
甘く考えると、
なかなか
合格しない。
きちんと自分を
見つめ、
真剣に試験準備をすること。
特に面接は、
話し方や態度というより、
思考力、いままでどう生きてきたか、
どういう自分になりたいのか、
明確に示せる表現力が必要だ。
受験生の検討を祈る!
マーク滝沢

25年目に向けて

来年10月1日で
開校25年目。
開校から今まで、
創業者塾長として
変わらぬ方針で
塾を運営してきた。
生徒の子供も
通ってくるようになった。
2年連続で
司法試験合格者が出た。
学習を通してのエピソードは、
数えきれないほど。
奇跡と思われた合格もたくさん
あった。
でも、
人間関係の失敗もあった。
生徒たちと一緒に悩んで、苦しんで、
最後は、
一緒に
笑えた四半世紀だった。
これからも、
一秒でもたくさん
生徒に
寄り添って、
一緒に泣き
一緒に笑っていきたい。
いまでも
塾の軌跡は
私の人生だ。
マーク滝沢
プロフィール

takijukudesu

Author:takijukudesu
瀧澤 大 (マークたきざわ)と申します。

千葉県市原市辰巳台東地区でTAKIJUKU(瀧塾)という進学補習総合塾を27年間運営し、主任講師として毎日教えています。

東京の高田馬場 と 東京の田町 と
神奈川の茅ヶ崎の教室でも たくさんの生徒を教えています。

個別での生徒指導は、1500名を超えました。


今、子供たちも、昔とは違った意味で、特に精神的に疲弊しているケースが目立つようになってしまいました。

そんな子供たちや保護者の方々に、少しでもお役に立てれば、心が和らいでくれれば、と思い、つらつらとお話しさせていただくように書いています。
また、戦後最大の幼小中高等の教育改革が始まり、その中でも特に注目されている英語についても、他の科目の話も交え書いています。

これからの明るい、幸せな未来を子供たちが自らの力で創り上げられるよう願い、少しでもその力になれれば幸いです。


TAKIJUKUの<ホームページ>

http://takijuku.moon.bindcloud.jp

受験進学教育のプロ。

 ◇著書を多数出版

「英語に強くなる魔法の100語」(中経出版)

「フィナンシャルタイムズが中学英語で面白い程読める本」(ぶんか社)

「ケネディーは『リーダーシップ』をどう語ったか」(中経出版)

中国(大連理工大学出版)、韓国、台湾、にても翻訳出版、その教育は高い評価を得ている。

日経、読売、日経ウーマン、千葉日報、各雑誌等でも紹介されている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR