FC2ブログ

最終日終了

通常冬期講習会の12月が終了。
大晦日と1月1日は、
恒例の受験生特訓。
塾にお正月は
無い。
新年明けましておめでとう
は無い。
1月から3月の
合格おめでとう💮🎉🈴
がある。
生徒たちの
頑張った成果に
拍手をおくる日が
間近に迫ってきた!
今後受験生は
体調第一。
自信を持つこと、第二に
頑張ってほしい。
マーク滝沢
スポンサーサイト

どうしてもがあれば⁉️

どうしても、
食べたい。
どうしても、
見たい。
と思えば、
そのために、
全力を出す。
どうしても、
あの学校に🏫行きたい。
行って何かをしたい。
それが、
心からそう思っていたら、
行ける確率は、
思えるだけで、
かなり高くなる。
私が瀧塾創設以来、
ずっと言い続けていること、
それは、
現在の中2、
塾では中3として、
授業が始まる来年3月には、
志望校を確定しよう。
その志望校を受験まで、
思い続けられたら、
きっと合格する。
受験までは長い道のりがある。
志望校を変更したくなるほど
自信を失う成績が出る場合も多い。
つまり、
学習で、常に志望校を意識し、
そのプレッシャーを長時間感じる。
でも、
だから、
学習上の努力を続けられる。
マーク滝沢

70回目の講習会

冬期講習会が始まっている。
学校の宿題、塾の宿題、
非受験学年も忙しい。
受験学年は、
緊張と不安の中で、
一生懸命。
塾では毎日模擬テストと
復習、解説。
大量の演習と復習で、
毎年、
この時期に伸びる生徒が多い。
焦りをバネに、
自信をつける。
自分を、
追い詰めて、
合格の💮力をつける。
普通は、
学習計画通りに、
学習は進まない。
どうしても、甘さがある。
明日があるから、
明日でいいや、と。
でも、
受験生には、
タイムリミットがある。
そのタイムリミットを利用して、
追い詰めて、追いこんで、
がんばる。
そして、
やっと、
合格。
受験直前、
合格までの道は、
甘くない。
マーク滝沢

創立25年

あと2ヶ月ほどで、
瀧塾
創立25年
生徒選ばない👉何か困っていることがあるから、それを一緒に解決するのが塾。
宣伝しない👉来たいと思ったら来てくれればいい。
勧誘しない👉すごくいい塾はない、でも、自分にあっている塾はきっとある。
退塾を止めない👉人を苦しめたくない。
いつでも授業見学、教室見学OK👉隠すこともないし、いつでも本気でやっている。
個人面談常時可能👉毎日生徒全員の様子を把握している。
その他、ことごとく、
塾の常識?を破ってきた。
どれも、生徒との信頼関係が基本になっいる。
これからの瀧塾も
独自路線を、
突っ走る。
マーク滝沢

12月、あせらない!

12月、
あせり
から
あきらめ
になりがちな12月
受験直前。
志望校は下げない。
例外はあるが、
これが合格の秘訣。
偏差値が足りないと、
苦しい。
でも、
志望校を下げると、
気が緩む。
人生? 降るのは楽。
登るのは、苦しむ。
受験学年の4月には、
受験目標高校、大学を
決定すること!
とりあえずでも、
具体的に、
一校に絞ること。
目標なく
山は登れない。
マーク滝沢
プロフィール

takijukudesu

Author:takijukudesu
市原辰巳台の瀧塾という予備校で先生をしています

東京の高田馬場 と 東京の田町 と
神奈川の茅ヶ崎の教室でも たくさんの生徒を教えています。

個別での生徒指導は、1000名を超えました。


http://chiba.cool.ne.jp/takijuku/

受験進学教育のプロ。

 ◇著書を多数出版

「英語に強くなる魔法の100語」(中経出版)

「フィナンシャルタイムズが中学英語で面白い程読める本」(中経                           出版)

「ケネディーは『リーダーシップ』をどう語ったか」(ぶんか社)

中国・韓国にても翻訳出版、その教育は高い評価を得ている。

日経、読売、日経ウーマン、千葉日報、各雑誌等でも紹介されている。(塾の公式ページより)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR