FC2ブログ

どうしてもがあれば⁉️

どうしても、
食べたい。
どうしても、
見たい。
と思えば、
そのために、
全力を出す。
どうしても、
あの学校に🏫行きたい。
行って何かをしたい。
それが、
心からそう思っていたら、
行ける確率は、
思えるだけで、
かなり高くなる。
私が瀧塾創設以来、
ずっと言い続けていること、
それは、
現在の中2、
塾では中3として、
授業が始まる来年3月には、
志望校を確定しよう。
その志望校を受験まで、
思い続けられたら、
きっと合格する。
受験までは長い道のりがある。
志望校を変更したくなるほど
自信を失う成績が出る場合も多い。
つまり、
学習で、常に志望校を意識し、
そのプレッシャーを長時間感じる。
でも、
だから、
学習上の努力を続けられる。
マーク滝沢
スポンサーサイト



70回目の講習会

冬期講習会が始まっている。
学校の宿題、塾の宿題、
非受験学年も忙しい。
受験学年は、
緊張と不安の中で、
一生懸命。
塾では毎日模擬テストと
復習、解説。
大量の演習と復習で、
毎年、
この時期に伸びる生徒が多い。
焦りをバネに、
自信をつける。
自分を、
追い詰めて、
合格の💮力をつける。
普通は、
学習計画通りに、
学習は進まない。
どうしても、甘さがある。
明日があるから、
明日でいいや、と。
でも、
受験生には、
タイムリミットがある。
そのタイムリミットを利用して、
追い詰めて、追いこんで、
がんばる。
そして、
やっと、
合格。
受験直前、
合格までの道は、
甘くない。
マーク滝沢
プロフィール

takijukudesu

Author:takijukudesu
市原辰巳台の瀧塾という予備校で先生をしています

東京の高田馬場 と 東京の田町 と
神奈川の茅ヶ崎の教室でも たくさんの生徒を教えています。

個別での生徒指導は、1000名を超えました。


http://chiba.cool.ne.jp/takijuku/

受験進学教育のプロ。

 ◇著書を多数出版

「英語に強くなる魔法の100語」(中経出版)

「フィナンシャルタイムズが中学英語で面白い程読める本」(中経                           出版)

「ケネディーは『リーダーシップ』をどう語ったか」(ぶんか社)

中国・韓国にても翻訳出版、その教育は高い評価を得ている。

日経、読売、日経ウーマン、千葉日報、各雑誌等でも紹介されている。(塾の公式ページより)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR