FC2ブログ

まれに聞かれる質問 塾長ってどんな子だったの?

帰国してから大学は外国語学部に行き、ロータリークラブの青少年交換留学の青年組織ROTEX会長をさせていただき、日本に来ている留学生のお世話を大学時代の4年間した。ここでも多種多様な人々との交流があり良い社会勉強にもなった。ロータリアンたちは、特に東京だと、財界人がわんさかいた。その人たちとの交流も楽しかった。当時の、服部セイコー社長、ソニー常務技術本部長、ボシュロムジャパン会長、加賀料理おおしま社長、他。日本から海外に行く留学生候補のお世話も手伝わせていただいたが、彼ら彼女らの保護者も日本を代表する起業家が多数いた。当時の、味の素会長、日本興業銀行頭取、キッコーマン専務、アメリカ大使館横の病院長、他。ちなみにご存じでしょうが私は偉くない。次のブログに続く。
スポンサーサイト



まれに聞かれる質問 塾長ってどんなにだったの? その2

高2の終わり頃に、ロータリークラブの交換留学で高卒後1年間オーストラリア シドニー地区に行く交換留学生に東京都で選ばれ、卒業と大学に合格し(大学1年間休学)3月末にシドニーに向かいました。カンタス航空、機体にカンガルーがデカく書いてあった。そこはフェアフィールドという郊外の町で町中で日本人は自分1人。全く日本語が通じない町。公立の高校3年に入学、レバノン、デンマーク、イギリス本土、フランス、韓国、中国、南アフリカ、スペイン、メキシコ、ドイツ、ベテナム、他、人種だけでも30以上と校長が言っていました。授業は当初ちんぷんかんぷん、数学だけはやけにやさしくできました。部活が楽しみで学校は続けられたとおもう。出来たばかりの野球部、ピッチャーやりました。初速でも120キロは出てないのに、味方も敵も無茶苦茶下手で、三振の山。ストレートと変則カーブみたいな、球種は2つだけ。カーブはミラクルボールと呼ばれ笑いました。ちょっと指引っ掛けて縦に曲がるだけ。あれよあれよと勝ち進み、州で4位、州と言っても日本の5倍はある。最終結果は準優勝、ナショナルチームのメンバーに入りました。これも笑えた。アメリカ遠征は規則?に反するため行けず、そのまま帰国。良かった、出れるスキルはなかった。次のブログに続く。

まれに聞かれる質問 塾長ってどんな子だったの?

そんなに興味ある人はいないだろうが、個性が強烈なためか?たまに過去を聞かれます。
最近高校生から聞かれたので、高校時代から話します。東京の府中にある明星学苑に通いました。当時は府中の学習院とか言われていましたが、偏差値はさほど高くない進学校。当時は男子部女子部とわかれていて、唯一女子部と話せるインターアクトクラブというボランティアクラブに所属。普段は男子校なのでなかなか荒い校風でした。卒業式は、体育教官室に武装してお礼参りする物騒な噂が毎年出回る超硬派な高校。できる奴が少ないため英語トップ、国語の東京偏差値75の自分が目立ちました。なんかあったらたきざわに聞け、と先生たちは言っていましたが、聞かれてもうまく説明できた覚えがない。当時は教室内でもすぐ喧嘩、たいまんで机を投げられたこともありました。高2の終わりに .......次回ブログに続く。

最近入塾の4名もっと早く瀧塾知りたかった!

最近、毎回言われるのは、
こんな近くにいい塾あったんだ。知りませんでした。
最近は毎回のように言われる。他の塾はどうやってるんだろうと疑問も湧くが、とにかく今まで、集客やまわりの塾とかには全くと言っていいほど興味がなかった。今年は夏前から宣伝始めました! 皆さま、知って下さい、ご希望の塾がここにあります。ぜひ、お気軽にご連絡、ご来塾下さいませ。

平均50点(5科目500)点以上上がる!

前回飛躍的に伸びた子が多かったので、今回は上がっても少々の予想に反してかなり良い調子。特に市原地区以外の生徒の集中力と日々の努力はすごい。やろうと思えばやれる強さがある。市原地区も夜遅くまで頑張っていた、努力は認めたい、今からは期待できる。
マーク滝沢
プロフィール

takijukudesu

Author:takijukudesu
瀧澤 大 (マークたきざわ)と申します。

千葉県市原市辰巳台東地区でTAKIJUKU(瀧塾)という進学補習総合塾を27年間運営し、主任講師として毎日教えています。

東京の高田馬場 と 東京の田町 と
神奈川の茅ヶ崎の教室でも たくさんの生徒を教えています。

個別での生徒指導は、1500名を超えました。


今、子供たちも、昔とは違った意味で、特に精神的に疲弊しているケースが目立つようになってしまいました。

そんな子供たちや保護者の方々に、少しでもお役に立てれば、心が和らいでくれれば、と思い、つらつらとお話しさせていただくように書いています。
また、戦後最大の幼小中高等の教育改革が始まり、その中でも特に注目されている英語についても、他の科目の話も交え書いています。

これからの明るい、幸せな未来を子供たちが自らの力で創り上げられるよう願い、少しでもその力になれれば幸いです。


TAKIJUKUの<ホームページ>

http://takijuku.moon.bindcloud.jp

受験進学教育のプロ。

 ◇著書を多数出版

「英語に強くなる魔法の100語」(中経出版)

「フィナンシャルタイムズが中学英語で面白い程読める本」(ぶんか社)

「ケネディーは『リーダーシップ』をどう語ったか」(中経出版)

中国(大連理工大学出版)、韓国、台湾、にても翻訳出版、その教育は高い評価を得ている。

日経、読売、日経ウーマン、千葉日報、各雑誌等でも紹介されている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR