FC2ブログ

最近多い?「わかる授業」

よく目にするわかる授業。
私も言うし、悪くはない。
でも、
わかっても、1人で出来ないならば、わからない、と同じ。
少なくとも、テストでは同じ。
だから、1人でできる、自力でできるまで指導しないと意味がない。
塾長 瀧澤
スポンサーサイト



合格には無心、やるべきこと以外は考えない!

人は
生活しているから、受験以外にも、生きるためにも寝たり、食事したり、他にもたくさんの生活必需のことが誰にでも細々とある。
実際に、寝たり、食べたり、行動は必要。
でも、
考えることは、頭を使うことは
受験学習、に絞る!
塾長 瀧澤

テストのための暗記ではない!

まず第一に
思考するため、創造するため に基礎となる知識の暗記。
次に
テストのために
すでに学習し練習を重ねた、知識の活用を、思考力を使い試す。
つまり、
思考力をきたえるために暗記

テストのために思考力
だ。
塾長 瀧澤

いきなり思考力創造力 ではない!

大学試験をはじめとする、思考力、創造力 が必要な時代に入りましたが
いきなり、考えなさい、は無理で、何をどう考えるか、指導が必要な場合が増えてきています。
教える側の知力も問われることになります。
ただし、考えるためには、知識が必要で、最低限の暗記、暗記した知識の活用法を習得しておかなければなりません。
塾長 瀧澤

基礎的な国語力、四技能の英語力

新教育改革にきちんと対応するには、基礎的な国語力(漢字、日本語文章読解力)、四技能の英語力(英語で読む、聞く、話す、書く)を学習して習得する必要があります。
塾長 瀧澤
プロフィール

takijukudesu

Author:takijukudesu
市原辰巳台の瀧塾という予備校で先生をしています

東京の高田馬場 と 東京の田町 と
神奈川の茅ヶ崎の教室でも たくさんの生徒を教えています。

個別での生徒指導は、1000名を超えました。


http://chiba.cool.ne.jp/takijuku/

受験進学教育のプロ。

 ◇著書を多数出版

「英語に強くなる魔法の100語」(中経出版)

「フィナンシャルタイムズが中学英語で面白い程読める本」(中経                           出版)

「ケネディーは『リーダーシップ』をどう語ったか」(ぶんか社)

中国・韓国にても翻訳出版、その教育は高い評価を得ている。

日経、読売、日経ウーマン、千葉日報、各雑誌等でも紹介されている。(塾の公式ページより)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR