FC2ブログ

英語外部試験導入の意味。

教育関係者の間でもいろいろな意見が出ている、英語外部試験導入。
ただし、グローバルに、世界的に使われている英語外部試験も複数含まれていて、世界スタンダードな英語力の評価がなされるため、
これからの、日本の英語教育にとっては、かなり有効な手段であることに間違いはない。
早く、統一見解がまとまると良いが。
スポンサーサイト



定期テスト 中学生 暗記万全!

がんばりました! 
中学生、暗記の意識が高くなり
少しでも知識を得ようと努力した。
最近では
暗記をめんどくさがる傾向が強まっていたけど、
今回は皆よく努力しました。

停電中! 東電情報ウソ! なぜ?

自宅は、東電情報だと、もう停電解消になっている。
いいかげんにしてほしい

どこにいても紙とペンで生きれるように。

よく生徒たちには話す。
仕事の実力とは、
紙とペンがあれば、稼げる力のこと、だと。
今回の災害も大変良い教訓にはなった。
頭を鍛えて、体を鍛えて、
つまり、自分を磨くことが生きること。
自分が頼れるのは、自分の実力、自分の体、自分の精神。
今まで以上に、自分に言い聞かせながら生きる。

子供たちには英語の徹底的な学習を!

この際でしか言えないこと?
世界のどこに行っても、英語はなんとか通じます。あるいは、通じる人たちが近くにいます。
英語でコミュニケーションするには、
基本的な文法、構文、イントネーション、アクセント、読み書き話し聞き取る の訓練が必要です。
これらの学習は、やればやっただけ熟練していきます。
出来るだけ、高い英語力、を身につければ、活躍の場が世界中に広がるだけではなく、生きる場所さえ選べるようになります。
さらに、これからの日本国内でのあらゆる試験が、この語学力が最優先、最重要になります。
公立の小学生から、英語を基準とした教育がすでに始まっています。
グローバルに生きることが、国家存続の条件になるため、教育が根本から見直されています。
プロフィール

takijukudesu

Author:takijukudesu
瀧澤 大 (マークたきざわ)と申します。

千葉県市原市辰巳台東地区でTAKIJUKU(瀧塾)という進学補習総合塾を27年間運営し、主任講師として毎日教えています。

東京の高田馬場 と 東京の田町 と
神奈川の茅ヶ崎の教室でも たくさんの生徒を教えています。

個別での生徒指導は、1500名を超えました。


今、子供たちも、昔とは違った意味で、特に精神的に疲弊しているケースが目立つようになってしまいました。

そんな子供たちや保護者の方々に、少しでもお役に立てれば、心が和らいでくれれば、と思い、つらつらとお話しさせていただくように書いています。
また、戦後最大の幼小中高等の教育改革が始まり、その中でも特に注目されている英語についても、他の科目の話も交え書いています。

これからの明るい、幸せな未来を子供たちが自らの力で創り上げられるよう願い、少しでもその力になれれば幸いです。


TAKIJUKUの<ホームページ>

http://takijuku.moon.bindcloud.jp

受験進学教育のプロ。

 ◇著書を多数出版

「英語に強くなる魔法の100語」(中経出版)

「フィナンシャルタイムズが中学英語で面白い程読める本」(ぶんか社)

「ケネディーは『リーダーシップ』をどう語ったか」(中経出版)

中国(大連理工大学出版)、韓国、台湾、にても翻訳出版、その教育は高い評価を得ている。

日経、読売、日経ウーマン、千葉日報、各雑誌等でも紹介されている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR