FC2ブログ

センター毎日一本、高得点になる。

センター試験、
瀧塾の大学受験生は、
英語を始め、夏に大量に練習した。
が、
1週間、センター過去問か実戦問題を解かないと、たぶん、10点以上下がる。
2週間、解かないと、30点は下がる。
一度やったものでもかまわない。3日は空けずに再度やったほうがいい。
センターは特殊だが、シンプルだし、
試験形式が重要だが、日々忘れていく。
あまり日を空けずに慣らすことがとても重要。
TAKIJUKU 塾長 たきざわ
takijuku.inc@gmail.com
スポンサーサイト



忘れてしまう、すぐに。

数学、
よく理解して、その場では解けるようになっていた。
翌日、すっかり忘れていた。
高1の生徒がよく口にする。
大丈夫! 実際に、よく理解して解けていた。
今は、これだけ複雑な情報社会。
人間の頭の方は、50年前と変わりなく、同じ重さ、容量、同じ働き。
頭に入る情報量が半端なく大量だから、
ずっと何もせずに閉じこもっているか、ずっと寝ていれば、翌日は覚えているだろうが、そうはできない。
ただ外を歩いていても日々違う何かがある。
対処法は1つ。
繰り返そう!何度も!
このしつこさがあれば、記憶も定着する。
すぐに忘れて、あーだめだ、で意気消沈しないで、
すぐ忘れても、繰り返し学習する意欲を持とう!
うれしいことに、
何度もやり直す時間も自由も、生徒たちには与えられているのだから。
あせるな、令和の子供たち!
TAKIJUKU 塾長 たきざわ
takijuku.inc@gmail.com

いつも つまらない?

最近、毎日のように聞く。 
つまらない、面白くない。
子供たちから笑顔が減っている。
特に、心の底から笑顔になることが少ない。
本来、
人は人とお話しするだけで、自然に笑顔になり、話が弾むはず。
相手に興味を持ち、心配をし、思いやりの心があれば、
話の内容がなんであれ、相手の笑顔が見れるし、自分も笑顔になる。
生きることがきつくても、心に余裕がなくても、人として相手を敬う気持ちは忘れてはいけない。
言うのは簡単、でも、
相手から笑顔をいただくには、
優しい心を自分で育てていないと、難しい。
TAKIJUKU 塾長 たきざわ
takijuku.inc@gmail.com
プロフィール

takijukudesu

Author:takijukudesu
市原辰巳台の瀧塾という予備校で先生をしています

東京の高田馬場 と 東京の田町 と
神奈川の茅ヶ崎の教室でも たくさんの生徒を教えています。

個別での生徒指導は、1000名を超えました。


http://chiba.cool.ne.jp/takijuku/

受験進学教育のプロ。

 ◇著書を多数出版

「英語に強くなる魔法の100語」(中経出版)

「フィナンシャルタイムズが中学英語で面白い程読める本」(中経                           出版)

「ケネディーは『リーダーシップ』をどう語ったか」(ぶんか社)

中国・韓国にても翻訳出版、その教育は高い評価を得ている。

日経、読売、日経ウーマン、千葉日報、各雑誌等でも紹介されている。(塾の公式ページより)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR