FC2ブログ

今、夢を語りやすい社会か? それでも淡々と今日を生きよう。

これだけひどい社会、

年金、社会保険、税金、
使い道は実際にはよくわからない。

だから、
国が人を守っているのか、
人が国を守っているのか、
それすら、はっきりしない。

つまり、
政治経済の世界は
理論の世界で、
事実はよくわからない。

だから、
夢をもて、と言っても
自分にできそうな範囲でしか、
考えられないのが今日この頃。

明日に、未来に、夢を、
は、
たぶんきつい。

今を、今日を、
キチンとやれることを行い、
色々なことに冷静に対処すれば

それが人生、
ということ。

今だけではなく、
昔も、
自然災害やウイルス禍や
汚職や迫害は
あった。

極め付けは、
戦争で、今も大勢の人々が
犠牲になっている。

時代が変わっても、
害は同じ、と言われているが、

AI等の発展とともに、

人が一番大切にすべき
基本的なものが、
失われつつあると感じる。

それは、
正直さ、素直さ、優しさ、思いやり、
という

人間が人間を守る最低限の性質だ。

これらが失われれば、
人間は機械になる。

これらを見失わないようにする
ために、
教育は存在する。

今、
どこで、教育が行われているのだろうか。

TAKIJUKU 塾長
たきざわ


スポンサーサイト



心の重荷を降ろしてみませんか⇨リラックス勉強法

やらなくちゃ、やばい!

点数取らなくちゃ、だめだ!

遊んでいる場合じゃない!

いつも、
心に大きな重荷を抱えていて、

でも、
なかなか行動にうつせなくて、

机に向かうけれども、
頭に入っていかなくて。

違います!

やらなくちゃいけない、
ではなく、
点数取らなくちゃいけない、
でもなく、
遊んでいる場合ではない、
もない。

まず、
だれのために、
だれがする勉強なのか。

自分のために
自分でする勉強。

だから、
学校や塾などは、
それをただフォローするだけ。

ただ、
やりやすくする術を教えるところ。

勉強しに学校や塾へ行くわけではない。
何をどう勉強するのか、

その術を学びに行くところ。
 
勉強自体は、
いつの時代も
世界中どこでも

自分のために、自分でするもの。

実は、
勉強をやらされている、
と考えるから、ヤル気は削がれる。

やらされている勉強なんか無い。

自分が決めて、
自分でやるのが勉強。

点数が取れなくても、
十分にやった、


自分が自分を評価できれば、
自分以外の評価は関係ない。

自分の勉強だから。

この当たり前の理屈を
ちゃんと心で把握してから
勉強、始めましょう。

自分の満足は、
自分で決めよう、
自分のことなんだから。

そうすれば、
少しはリラックスして
勉強に集中できるから。

TAKIJUKU 塾長
たきざわ
ご相談メール⇨takijuku.inc@gmail.com (24時間)
TAKIJUKU公式HP⇨takijuku.moon.bindcloud.jp

ちょっと困っている、どうしていいかわからないくらい困っている。話聞いてアドバイスできます。

生きる動機すら希薄になりがちな時代。

学習意欲の低下が日常的に起きている時代。

平和だったころが懐かしい、
様々な危機にさらされている時代。

「どうやったら、どうしたらいいんだろう?」

悩みばかりが先行して
なかなか解決案さえ見つからない時代。

時代は変化するもの。

何をどう悩もうと、
時は過ぎていく。

真実は、
みんなの心の中にある。

だから、

言って欲しいことを、
知りたい事を
言って欲しいタイミングで
聞きたい。

人は皆、そう思っている。

自分の歩む道は、
実は、すでに決めている。

その道を歩むために、
途中の薔薇を
一緒に排除する人を捜している。

TAKIJUKU 塾長
たきざわ
ご相談ごとメール📧⇨
takijuku.inc@gmail.com (24時間可)
TAKIJUKU公式HP⇨takijuku.moon.bindcloud.jp

オンライン授業=知識の伝達がメイン。忍耐や集中力、人間力は養えない。

オンライン授業は

知識の伝達。

問題集や参考書を使いこなせる生徒ならば
ある程度有効。

逆に言えば、
良い問題集、わかりやすい参考書と
同等かそれ以下。

授業は、
対面だからこそ
人間教育として成立。

先生とのやり取り

横にいるライバルとの競争
を通して、

教科の知識が身につき、
それを使って得点する術を
自身の努力で会得できる。

粘る力(諦めない力)、
集中力、暗記力、思考力の向上、

どれも、人間が生きていく上で
とても大事な能力だ。


ここに大きな矛盾がある。

知識の入試を
思考力重視の入試に
変革途中にありながら、

知識会得重視の
オンライン授業の存在が
コロナ禍により奨励されている。

日本の子どもたちの学力能力は
下がる一方だ。

すべての教育段階とは言わないが、

せめて、
義務教育段階(小中)、高校までは、

今考えられる防菌措置の環境下で
人間対人間の授業が必要だ。

世界的なコロナ禍の中で、
子どもたちの知識欲を満たすのは
大変なことだが、

未来に必要なものは、
細菌撲滅対策と並行して
子どもたちへの有効な教育だ。

TAKIJUKU 塾長
たきざわ

朝起きたら!今日という希望に感謝。

朝起きたら、

希望がある今日に感謝。
その希望を支えてくれる家族に感謝。

そうすれば、
何をすべきか自然にわかります。

また、朝になっちまった、
とか、
「ボー」と何も考えず無気力でいれば、

いつのまにか、
「希望」が見えなくなります。

希望を追いかけて、
夢を叶えよう!

TAKIJUKU 塾長
たきざわ
プロフィール

takijukudesu

Author:takijukudesu
瀧澤 大 (マークたきざわ)と申します。

千葉県市原市辰巳台東地区でTAKIJUKU(瀧塾)という進学補習総合塾を27年間運営し、主任講師として毎日教えています。

東京の高田馬場 と 東京の田町 と
神奈川の茅ヶ崎の教室でも たくさんの生徒を教えています。

個別での生徒指導は、1500名を超えました。


今、子供たちも、昔とは違った意味で、特に精神的に疲弊しているケースが目立つようになってしまいました。

そんな子供たちや保護者の方々に、少しでもお役に立てれば、心が和らいでくれれば、と思い、つらつらとお話しさせていただくように書いています。
また、戦後最大の幼小中高等の教育改革が始まり、その中でも特に注目されている英語についても、他の科目の話も交え書いています。

これからの明るい、幸せな未来を子供たちが自らの力で創り上げられるよう願い、少しでもその力になれれば幸いです。


TAKIJUKUの<ホームページ>

http://takijuku.moon.bindcloud.jp

受験進学教育のプロ。

 ◇著書を多数出版

「英語に強くなる魔法の100語」(中経出版)

「フィナンシャルタイムズが中学英語で面白い程読める本」(ぶんか社)

「ケネディーは『リーダーシップ』をどう語ったか」(中経出版)

中国(大連理工大学出版)、韓国、台湾、にても翻訳出版、その教育は高い評価を得ている。

日経、読売、日経ウーマン、千葉日報、各雑誌等でも紹介されている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR