FC2ブログ

入試まもなく終結

1人でも
たとえ1人でも
入試に満足しない生徒がいたら…

塾長の資格はない。

そうほんとに思い今日までやってきた。
だからかはわからない…けど

卒業後みんな 塾に戻ってきてくれた。
塾がいつまでもみんなの心にあった。

ある子は講師として、ある子は新規塾生の紹介者として、ある子は…ただふらっと顔を見せに…


みんな戻ってきてくれた。

みんなの心に瀧塾があった。


今年1人,第一希望にそえなかった生徒がいた。

たった1人、と塾業界では普通気にしない人数かも…

でも…
この子の心は瀧塾の心…

だから…
おれの時間は止まった。


一生懸命やっていた。一生懸命教えた,一生懸命気を抜かずに見ていた,休まずフォローした
…つもりだった。


でも…

合格に届かなかった…


二度チャレンジした。


一度失敗すると人は尻込みする。

弱気になる。でも…

強気だった…けなげに…

精一杯の勇気と根性を振り絞って…

強気を装っていた。

おれは… 背中を思いっきり押した。
空飛べるくらい思いっきり…


今,あの子はどうしているんだろう…


今日も2組,瀧塾でないといやだ 絶対瀧塾 という生徒が相談にきた。

また挑戦しなければいけないんだろうな。


はるかちゃん,

先生が十字架は背負うから、そろそろ新たな一歩を踏み出そうよ…。
重すぎる重荷は置いていいんだよ。


その重荷,先生が持っていきますから…その涙、先生が流しますから…
そのくやしさ、先生も決してわすれませんから,ね。

マーク滝沢
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takijukudesu

Author:takijukudesu
瀧澤 大 (マークたきざわ)と申します。

千葉県市原市辰巳台東地区でTAKIJUKU(瀧塾)という進学補習総合塾を27年間運営し、主任講師として毎日教えています。

東京の高田馬場 と 東京の田町 と
神奈川の茅ヶ崎の教室でも たくさんの生徒を教えています。

個別での生徒指導は、1500名を超えました。


今、子供たちも、昔とは違った意味で、特に精神的に疲弊しているケースが目立つようになってしまいました。

そんな子供たちや保護者の方々に、少しでもお役に立てれば、心が和らいでくれれば、と思い、つらつらとお話しさせていただくように書いています。
また、戦後最大の幼小中高等の教育改革が始まり、その中でも特に注目されている英語についても、他の科目の話も交え書いています。

これからの明るい、幸せな未来を子供たちが自らの力で創り上げられるよう願い、少しでもその力になれれば幸いです。


TAKIJUKUの<ホームページ>

http://takijuku.moon.bindcloud.jp

受験進学教育のプロ。

 ◇著書を多数出版

「英語に強くなる魔法の100語」(中経出版)

「フィナンシャルタイムズが中学英語で面白い程読める本」(ぶんか社)

「ケネディーは『リーダーシップ』をどう語ったか」(中経出版)

中国(大連理工大学出版)、韓国、台湾、にても翻訳出版、その教育は高い評価を得ている。

日経、読売、日経ウーマン、千葉日報、各雑誌等でも紹介されている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR