FC2ブログ

ブラック労働者になるな!

最近よく遭遇する、
やる気ない、心ない、吐き気をもよおす、非人間的な店員。
笑顔無く、袋に商品雑に入れ、お釣りを投げ、
言葉不明瞭、声小さい、ミスや極めて遅い仕事に謝りもなく、
相手への"もてなしの心"など全く無い。
こういう"非人間のサービス行為"を受けると、
AI自動化に大賛成、
となる。
少なくとも、機械は正確にさっさと業務をこなすだろう。
よく、ブラック企業 
と騒がれるが、
それは、ヘトヘトになるくらい一生懸命にまじめに心を込めて仕事してもノルマがこなせずに、過労働になっていて、賃金も少ないか払われない場合。
逆に、
十分には思考せず、極端に楽をして、努力は最低限、無理は勿論しない。雑なサービスを行い、相手を不快にさせても、自己満足な仕事で平気な不良労働者は、ブラック労働者だ。
時間で働く、のが機能していたのは、しっかりとした働き手がたくさんいた過去の話。
時間で働いても、お客様を不快にし、減らす労働者を、
ブラック労働者
と呼ぶ。
ブラック労働者がブラック企業を作っていく日が来るかもしれない。企業側も労働者側も不満タラタラ。
できればそうなる前に、
AIが完全実用化され、早期に大量に導入となることを期待する。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takijukudesu

Author:takijukudesu
瀧澤 大 (マークたきざわ)と申します。

千葉県市原市辰巳台東地区でTAKIJUKU(瀧塾)という進学補習総合塾を27年間運営し、主任講師として毎日教えています。

東京の高田馬場 と 東京の田町 と
神奈川の茅ヶ崎の教室でも たくさんの生徒を教えています。

個別での生徒指導は、1500名を超えました。


今、子供たちも、昔とは違った意味で、特に精神的に疲弊しているケースが目立つようになってしまいました。

そんな子供たちや保護者の方々に、少しでもお役に立てれば、心が和らいでくれれば、と思い、つらつらとお話しさせていただくように書いています。
また、戦後最大の幼小中高等の教育改革が始まり、その中でも特に注目されている英語についても、他の科目の話も交え書いています。

これからの明るい、幸せな未来を子供たちが自らの力で創り上げられるよう願い、少しでもその力になれれば幸いです。


TAKIJUKUの<ホームページ>

http://takijuku.moon.bindcloud.jp

受験進学教育のプロ。

 ◇著書を多数出版

「英語に強くなる魔法の100語」(中経出版)

「フィナンシャルタイムズが中学英語で面白い程読める本」(ぶんか社)

「ケネディーは『リーダーシップ』をどう語ったか」(中経出版)

中国(大連理工大学出版)、韓国、台湾、にても翻訳出版、その教育は高い評価を得ている。

日経、読売、日経ウーマン、千葉日報、各雑誌等でも紹介されている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR